僕のダンディズム

定番のもの、買ったものを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スーツに興味が出てきたときにオススメの書籍

まず、私はあまりファッションに興味がないアニメオタクでした。

そんなアニオタが社会にもまれる中で、スーツに興味が出てきて読んだ本の紹介です。

現在、日本ではさまざまなスーツが売られています。
たとえば、以下のようなカテゴリに分かれるのではないでしょうか。
(分け方については、あくまで個人の所見です。)
1.紳士服専門店(青山、コナカ、はるやま等)
2.ツープライススーツ店(スーツカンパニー、オリヒカ、PSFA等)
3.百貨店(松屋オリジナル、伊勢丹メンズ等)
4.セレクトショップ(BEAMS、UNITEDARROWS、EDIFICE等)
5.激安スーツ店(サカゼン等)
6.オーダスーツ店(ビッグビジョン、GlobalStyle、麻布テーラー等)

ビジネスマン、就職活動、入学式等で、利用する際、どれがいいの?と悩む方は、
多いのではないでしょうか。

自分自身、スーツで仕事をしていますが、正解がわからず模索してました。
シルエット、価格、色、柄、どれも同じように見えるためです。

そんな中、僕が一つの観点としてオススメしたいのが、以下の書籍です。

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで


続きは↓をクリック
上記の本は、クラシック(上質な、正当な)スーツの着こなしや、選び方についての一つの道しるべとなる本です。
購入者レビューを見てみても、著者の本の中ではもっとも評価が高いことがわかります。

著者は、服飾評論家でもありますので、若干費用感については疑問もありますが、
読者はすべてを鵜呑みにするのではなく、良い部分を取り入れてればよいのではないでしょうか。

たとえば、著者は3足3万の靴よりも1足9万の靴を薦めていますが、
就活生や入社3年目の会社員等には、当てはまらないでしょう。

個人的には、靴は3万円くらい靴は1万くらいの靴よりやっぱりちがうなと感じます。

就職して、自分が生涯どのくらいのお金を稼げるのかというシビアな問題が見えました。
できる限り、お金は大事に使いたいと思います。

ビジネススーツの世界には、ある程度のはやりはあるものの、
定番は今も変わっていないのだとこの本を読んで理解できました。

ですので、限られたお金を最大限に活かしつつ、長く大事に持たせたいかたにオススメです。

本ブログでは、ある種の定番であったり、長く愛せるモノたちを紹介できればと考えています。
今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2014/06/03 11:29 ] ファッション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。