僕のダンディズム

定番のもの、買ったものを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

USBメモリにアプリを入れて持ち歩く。オススメソフト

USBメモリにアプリを入れる際のオススメソフト紹介。

現在では↓のようなランチャーをUSBメモリの中に入れています。


↑のランチャーをUSBメモリに入れておけば、パソコンにUSBメモリを刺せば、同じ環境を築くことができます。

(一覧)
■ランチャー:PStart
相対パスで指定できるランチャーです。挿したPCによってドライブ文字(GドライブとかHドライブ)が変わる恐れがあるので、相対パス指定できるランチャーが必要です。

■ブラウザ:Portable Sleipnir

■2chブラウザ:OpenJane Style

■圧縮解凍ソフト:Noah
LZHなどPCによっては解凍できる環境が無かったりもするので、重宝します。このソフトは関連付けをしなければ、レジストリに書き込みはしないとのこと。またDLLも任意の位置に出来るのが便利。

■ファイル暗号化ソフト:Chaky
今回の重要なところ。USBメモリを持ち運ぶ以上、このソフトで暗号化する。

■エディタ:サクラエディタ
オプションで設定をINIに保存して快適利用。

■メッセンジャー:Regnessem


■メディアプレイヤー:Media Player Classic
軽量のプレイヤーです。Mpegをコーデックを入れなくても見ることが出来る。ダウンロードは[JP]を選ぶ。
オプションで設定をINIに反映させることが出来る。

■ビューアー:Leeyes

■FTP接続ソフト:FFFTP


今はこのくらい。
スポンサーサイト
[ 2006/05/23 07:13 ] ソフト紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。